« イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 ~シバーリ へ a sibari~ | トップページ | 月イチcake☆ in KANDA百貨店 »

2009年8月 4日 (火)

イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 ~シバーリへ a Sibari~part 2

レッチェを発って小さなリゾート地、シバーリへの旅が始まりました。

電車での長旅は約10日ぶり。もちろん鈍行で、約4時間の旅です。

乗り換えはブリンディジ Brindisi とターラント Tarantoで。Dsc03398

ブリンディジでは乗り換え時に出発まで30分ほどあったので、駅構内のbarで、もしかしたら2度と食べられないかもしれないお気に入りのプーリア菓子、パスティッチョットを購入。写真は撮ったけど消しちゃった^^;でもほんのり温かくて美味しかった☆

パスティッチョット。これは違うお店のですが…。中にはカスタードのようなレモン風味のクリームが入っています。かなりボリューミイなお菓子。大好き♪

さてブリンディジで電車に乗り換え、次はターラントへ。
ターラントでは乗り換えるホームで電車を待っていたのですが、なかなか来ない…。
構内の電光風(あくまでも、”風”。笑)掲示板を見ると、電車の行先、出発時刻などが書いてあり、一番後ろに『ritardo』なるものが書いてある。

ritardoって…

まさか『遅れ』のこと?

イタリアの電車…遅れるの前提(爆)!?

噂には聞いていたけど、公認だとは(笑)。

で、よく見ると、私たちが乗る予定の電車の『ritardo』のところに150と書いてある。
他の電車のところにも70と書いてあったので、当然のように

15分待ちかぁ…。まさか150分のわけないしね…catface

…とーこーろーがっっっっ!!そのまさかの150分待ちだったのです!

150分てっ(爆)!!まだ始発の駅を出発すらしてないんじゃないの(笑)!?
じゃぁあっちの電車は70分待ちかい!15分と7分じゃないのかい!!

悲痛の大爆笑をしながら、仕方なくそのホームで2時間待つことに。だってしょうがないし。

その間にも、なぜか旦那が駅員さんにパスポートの提示を求められ、日本人だと分かったら『中田知ってる?』と言われたり(笑)。

そんなこんなでしばらく待っていると、今度は違う駅員さんに『君たちどこ行くの?』と聞かれました。『シバーリだけど…』と答えると

『じゃぁあの電車に乗らなきゃだめだよ!このホームにいたって電車は来ないよ!もう出ちゃうから急いで乗って!!!』と、隣のホームに止まっている電車を指差して言うではありませんか!

ええ~!?このホームで待つんじゃないの!?150分待つんじゃないの!?!?

すぐさま階段を下りて上ってその電車に乗ることになったのですが、何せ荷物は二人分合わせて約40キロ!!
駅員さん…『急いで!急いで!!』つったって…3、40段の階段をそんな荷物持って走るのは…無理ですよcrying

いやはや、とんだ災難だったわ…sweat01

…なんて、こんなのまだまだ序の口なんですけどね(笑)!

つづく

人気ブログランキングに参加しています☆一日1回クリックして頂けると嬉しいです♪

※こちらのblogに掲載されている画像など全てのものに関し、コピーや無断転載をすることはご遠慮下さい。

|

« イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 ~シバーリ へ a sibari~ | トップページ | 月イチcake☆ in KANDA百貨店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 ~シバーリ へ a sibari~ | トップページ | 月イチcake☆ in KANDA百貨店 »