« Un Peu +(アン・プウ プラス) | トップページ | イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 part2 ~アッシジ Assisi~ »

2008年6月26日 (木)

イタリアでの日々(回想日記)放浪編 ~ペルージャ Perugia~

Dsc03193 久々のイタリア日記です。

気がつけばイタリアに飛び立ってから早10か月。いかん!忘れてしまう!…ってことで、また思い出しながらの支離滅裂な文章が長々と続きそうですが、どうぞお付き合いくださいm(_ _)m

ペルージャの旧市街。バスを降りたイタリア広場から見たところ。

ボローニャでの滞在もあと数日。次にどこに行くのか決まっていない私たちは、毎日のように「次どこ行く~?」と話し合うも、毎日の学校の膨大な量の宿題に追われ、話し合いもままならず…。ホテルやアパートの情報もネットで調べるしかないのですが、学校のパソコンが使えるにしてもなかなかゆっくり調べられず、気が付けば移動2日前^^;そして最後に今日こそは次の滞在先を決めるぞ!と思った日に限って、学校のパソコンが全て故障(爆)!コントか!という突っ込みを入れずにはいられない予測不可能な事態が起こりうる国、イタリア(笑)。やむを得ずネットポイントに。

Dsc03196 次の滞在先は、釣り好きの旦那が湖の近くがいいということで、ウンブリア州のペルージャという街に決定。実は、湖は全く近くなかったのですが(笑)。

ペルージャでは特に名物料理は食べず。パンが全てにおいてパサパサだったという印象が…^^;このパニーノもいまいち。上に乗っかってる白いのは塩。しょ、しょっぱいんですけど(笑)。

早速良さそうなアパートを予約するも、先方からは「受け付けました」という即時に自動的に返信されるメッセージ以外、何の返答もなし。取れてるのかどうかも分からないまま、不安な状態でペルージャへ。

荷作りに思った以上に時間がかかってしまい(案の定。笑)、出たのは昼過ぎ、そしてペルージャに着いたのは夜の9時…。遅いよ(笑)!!Dsc03199

イタリア広場から中心とは反対方向にもすごい人だかり?が。何かと思って行ってみるとこの絶景。

駅前は新市街で、いわゆる観光地はバスで15分ほど行ったところにある旧市街。とにかく時間的にもうバスがなくなりそうなので、旧市街へ。バスで上る上る上る…。駅と旧市街の高低差は半端ない。旧市街は薄暗くて小ぢんまりした感じ。でも広場は人で溢れかえっている。ボローニャとはまた全然違った雰囲気。早速ネットポイントを探し、アパートの予約が取れているのか確認するも、やっぱり何の返答もない…。

どーしよ…- -;)

Dsc03212ネットでホテルを探そうにも2日後の予約からしか受け付けてくれないし、足で探そうにも広場の周りのホテルはやっぱり便利なだけあって、☆がたっぷり付いている…。

朝、散歩がてらぶらぶらと歩いて辿り着いた場所がこの絶景。予測していなかっただけに感激(T_T)

これから2ヶ月放浪しなきゃいけないってのに、いきなり☆の付いたホテルだなんて言語道断!!結局ネットポイントの人に、安いホテルを聞いてみて、とりあえず私だけ見に行ってみたのだが(荷物が重いからね)…。300メートルくらいの緩そうで結構キツイ階段をひたすら降りて行き、やっとそのホテルの看板が見えたと思ったら、まだまだ下って行かなければいけないような場所に…って、行けるか~~~い(笑)!!

電車移動と精神的な疲れでくったくたで、しかも何10キロっていう荷物を持って、そんなとこ行けるか~~~い!

ど~しよ…(T_T)

放浪1日目で、早くも野宿か!?と一瞬頭をよぎりましたが(笑)、9月も下旬の山の中…。ろくな防寒具も持ち合わせておらず、屋根のないところで寝たこともないチキンな私たちは、結局広場の前の4つ星ホテルに泊まることになりました~(爆)。Dsc03208 

おいおい。いきなり宿泊費の予算4日分を2日で使うとはね。その次の日もホテルが決まらず2泊もしちゃったからね。これは途中帰国か?先が思いやられますわ(-_-)

予定外に泊まることになってしまった4つ星ホテルの中庭。こりゃ高いわ^^;

ちなみにそのホテル、4つ星だけにすっごい綺麗だったんだけど、頭合わせにツインって…(笑)。しかも頭の間にしっかりついたてがあって、旦那と一緒に予定も立てられやしない。ベッドはもちろん片方は壁に付いていて、もう片方のスペースはスーツケースもろくに広げられないほど。狭っ!!ま、でもシャワーも浴びれるし、ベットで寝れるわけだから文句言えないけどね。高いけど(笑)!!

そしてアパートはどうなってたかというと、旦那の「電話してみりゃいいじゃん」という全く悪気のない鬼のような一言(笑)で、何とか勇気を振り絞って電話をしてみたのだが、私がしどろもどろで拙いイタリア語を喋ってると呆れたように「日本人だよ、日本人」と同僚に言ってるのが丸聞こえ(T_T)結局空いてなくて予約は取れてなかったよう。余分なお金を払わなくて済んだし、実際にペルージャに行ってみてそのアパートが実は中心からめちゃくちゃ離れた位置にあったことが分かったためほっとしたのだが、埋まってるなら埋まってるって何でメールで教えてくれないの~(T_T)?ここがイタリア人と日本人の違いなのね…。と徐々に分かってくる。  

Dsc03202 そんなこんなでペルージャに滞在が決まったものの、今度は次の予定を立てなければいけない。ゆっくりペルージャを散策してる暇など私にはないのだ!何しに来たんだ、あたしゃ一体^^;わざわざイタリアに来てネット三昧か(笑)。まぁそんなことを言ってる暇があるなら予定立てなきゃ。

旧市街を散策。ボローニャとは違ってこじんまりした街。建物が何とも言えず素敵。

次の滞在地…とりあえず行きたいところは決まっている。イタリアを長靴にたとえた場合、かかとに当たる、プーリア州に行きたいのだ。ここは良質の小麦粉が採れるということで、生パスタが有名。パスタ好きの私としては、本場の生パスタを是非食べてみたい!ということで、かかとのプーリア州に向かうことは決まっているのだが、ペルージャから電車で一日で行ける距離ではない。どこかで刻もう、ということになり、地図で見てなんとなく決めた町が、プーリア州の手前にあるアブルッツォ(アブルッツィ)州の州都であるペスカーラという海沿いの町。イタリア語で漁師をペスカトーレ、釣りをすることをペスカーレというだけに、ここは美味しい魚介類が食べられる漁師町だ!と勝手に決めつけ(何せ情報が全くないので^^;笑)、こちらで4泊することに決定。そしてプーリア州のレッチェに滞在を決め、こちらの宿泊先も予約。ようやく10日分の予定が決まり、あとはウンブリアを堪能しようということで、ペルージャからほど近いアッシジという街に日帰りで行くことに決まったのでした。Dsc03249

つづく。

ペルージャ最終日の朝はすがすがしかった☆

人気ブログランキングに参加しています☆一日1回クリックして頂けると嬉しいです♪

※こちらのblogに掲載されている画像など全てのものに関し、コピーや無断転載をすることはご遠慮下さい。

|

« Un Peu +(アン・プウ プラス) | トップページ | イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 part2 ~アッシジ Assisi~ »

コメント

や〜久々にイタリア日記復活!
実は楽しみに読んでました。

dolさんのナレーション(?)が
すっごい頭の中で
キレーに流れる!
文章がうまいんだね〜

ツッコミもはいるし(笑)

ちょっとしたウルルン気分で
続きも楽しみにしてま〜す!

投稿: TYUTYUNAI. | 2008年6月27日 (金) 20時37分

久しぶり!元気そうで♪

回想記読んで、イタリア行った気分になったよー。楽しいねぇsun
はやく続きが読みたいよん。

投稿: とんこ | 2008年6月27日 (金) 21時10分

>TYUTYUNAI.ちゃん
あら、楽しみにしてくれてたの(笑)?
有難う♪
イベント前日に有難う(笑)♪
なんかね~、細かい話なんて皆さん別に興味ないかな~?
と思うんだけど、自分の覚え書きと思って書いてるから
どーでもいいよ、そんなこと!と思いながらでも
お付き合いください(笑)m(_ _)m
最近は結構暇してるから一気に書こうと思うので
どーぞよろしく!!

>とんちゃん
お~!久しぶり♪
そしてコメントありがとう♪
私は相変わらずの日々を送ってるよ☆
またすぐにでも更新するので是非読んでね~!

投稿: dolcemente(a) | 2008年6月28日 (土) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Un Peu +(アン・プウ プラス) | トップページ | イタリアでの日々(回想日記) 放浪編 part2 ~アッシジ Assisi~ »